はちまきの巻き方編

祭りしたく

はちまきの巻き方(喧嘩かぶり)

額の中央に手ぬぐいの中心がくるように位置を決める。

手ぬぐい両端を中心がずれないように下に引き内側に巻き込んでいく。

頭を包むように巻き込んだら、しぼるように両端を後頭部やや上で交差させて左右対称になるよう形を整える。

交差させた両端を左右におまんじゅうの上でギュッとはさみ込む。

左右の布シワがきれいになるように整えるとできあがり!

後ろを折り上げるやり方もある。


はちまきの巻き方(くわがた)

てぬぐいをアイロンして三つ折りにする。

三つ折りにした手拭いを中央で合わせて四つ折りにしてアイロンで押さえる。

アイロンで押さえた手拭の中央を額目頭上に合わせ、額より上がり気味に後ろに持っていく。

おまんじゅうの上で交差させる。

右を左側に倒してならす。左を内側から右へ倒す。

両端を中にしまい込む。

出来上がり。

帯の締め方編

祭りしたく

帯の締め方(角帯)

先端の20~30センチを2つ折りにして腰に巻いていく。

腰に2回巻き、余った部分を内側に折り込み長さを調節する。

内側に折り込み二重に重ねた端を、腰にまわした帯に下から通す。

①で2つ折りにした端を、斜め上に折る。

③でとおした端を下げ、④で折った部分に、からませて結ぶ。

形を整えて結んだ帯を後ろにもっていき、できあがり。


帯の締め方(巻帯)

あらかじめ2つ折りにして、帯の先端を30cm程残して体に巻きつけていく。

1周巻くごとに前にきたら帯をひねって巻いていく。

最後に残った部分を帯全体の下から通す。

最初の30cmと最後の残った部分をこま結びにする。

片方を先端から帯の中へはさみ込む。

残りの部分を帯全体の下から2回巻く。

残った先端の部分を⑤番と逆方向にはさみ込む。

形を整えて出来上がり。

わらじのはき方編

祭りしたく

わらじのはき方

長いヒモを前の輪にそれぞれ通す。

かかと側の輪を後ろの輪にそれぞれ通す。

長いヒモを交差させ、②番で通した輪にそれぞれ通す。

わらじがけをはき図のように足を入れ、付け根は指1本の余裕があるようにする。

ヒモ2本を甲の中央で合わせ、押さえながら外側にたおす。

外側からかかと部分に通す。

⑥で通したヒモを⑤番で押さえてある部分に通す。

具合のよい所でこまを作り、余分な部分は切って出来上がり。

腹掛の着方編

祭りしたく

腹掛の着方

首元の左右のヒモを交差させ頭を通す部分を確認する。

頭を通す。(この時にヒモを大きく交差させておくと楽に通ります。)

両手をそれぞれ通す。

左右のヒモを後ろに回して、引っぱりながら交差させる。

交差させたヒモを前にもっていき、腰のあたりで結ぶ。

首回りをチェックして、できあがり。

股引のはき方編

祭りしたく

股引のはき方

股引のヒモの長さを確認する。(右足が入る方が長いです。)

長い方のヒモ側に右足、短い方のヒモ側に左足をそれぞれの足を入れる。

長いヒモを後ろから一周まわして、内側から前の合わせ目を通して外側に出す。

短いヒモの方でお尻を包むようにして右側にまわす。

右脇でヒモを結んで、できあがり。

ページトップへ